ビーンズ訪問看護ステーションつくば/ビーンズ居宅介護支援センター
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 研究日誌BLOG

研究日誌BLOG

2013.09.30

『つい話したくなる人』の条件

入社して5ヶ月が経過し、利用者様の方から体調のご報告や、昨日はこんなことがあったよ、

などお話して頂く機会が少しずつ増えてきました。

 なかなか距離の縮まらなかった利用者様と少しでもにこやかな会話が出来た日は、ご褒美をもらった

 子供のように、一人心の中でにんまりとし、明日もがんばろうと思えるものです。

 

 先日、図書館で見つけた本の中の一部を紹介させて頂きます。

著者は、日産自動車の秘書室にて20年のキャリアを持つ方です。

  

 『つい話したくなる人』の条件

 <聞くセンス=話すセンス>

 よい話し相手はよい聞き手である。

 

会話の上手な人とは、人の話をよく聞く人ということです。自分のことを分かっている

 人、興味を示していると思う人に、人はつい話したくなるものですね。

皆さんもご経験ありませんか?
買い物の際や美容院へ行った際の接客において、会ったばかりなのについつい自分のことを

 話せてしまう場合があります。またその逆もあります。

 

 前者の場合は、よい話し相手であり、よい聞き手であると思います。後者の場合は、会話や距離感など

相手のニーズに合っていないと考えられます。

<聞くセンス=話すセンス>とは、ただ傾聴するのではなく、相手の知りたいことやほしい情報を持っていることが大切であり、ニーズに応えられてこそ信頼関係が生まれてくるのだと思います。

 

 現在の私は、折角ご相談を受けても、知識不足によりその場で返答できない事が多々あります。

これからの課題は、利用者様と多くの会話を積む中で、必要としている情報にはどんなことがあるのかをまず学んでいくことだと思います。

 『つい話したくなる人』となることで、利用者様の悩みや訴えを吸い上げ、少しでも多く解決へ導けるよう

先輩スタッフと共に情報共有していきたいと思います。

 

 参考文献

 エクゼクティブ秘書の「気配り」メモ 佐藤直子著

投稿者( )| この記事のカテゴリ( お知らせ , その他 )| コメント( 0

2013.08.04

ケアマネージャーに挑戦

こんにちは内海です。

理学療法士として介護保険分野で働き始め、はや10年が経とうとしています...。

が...。

恥ずかしいことに、介護保険について知らないことが多いことに気付いていましたが「見て見ぬふり」をして来てしまいました。

しかし、これではいけないと、今年は逃げずに正面から体当たりしようと思い、ケアマネージャーの試験を受験する事に致しました。

 

勉強は思うように進められていませんが「分かっていたつもりでいた」けれど全然理解していなかったこと。基本的なことでも知らない事が多く、反省と共に勉強になると関心する日々を送っています。

 

今回あらためて「分かっている(知っている)つもり」という事の危うさを思い知らされました。

「つもり」というのは、根拠のない「慣れ」から来てしまっているのではないかと思います。

これは、介護保険の事に限らず、臨床面においても「分かっているつもり」となってしまっているものも少なくないと思います。

今一度、気にかかった事を教科書などで確認し「つもり」を一つ一つ打ち消していきたいと思います。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 , 研究項目 )| コメント( 0

2013.01.14

運動習慣

 国民の健康問題に対して、政府は「健康日本21」という取り組みを行っていました。現在は、「健康日本21(第2次)」となっています。健康について、「栄養・食生活」、「身体活動・運動」、「休養・こころの健康」、「糖尿病」、「循環器病」、「たばこ」、「アルコール」、「歯の健康」、「糖尿病」、「がん」についてまとめています。今回は、「身体活動、運動」について取り上げてみたいと思います。身体活動量が多い者や、運動をよく行っている者は、総死亡、虚血性心疾患、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗鬆症、結腸がんなどの罹患率や死亡率が低いこと、また、身体活動や運動が、メンタルヘルスや生活の質の改善に効果をもたらすことが認められている。現在は、家事や仕事が自動化していることや交通手段が発達してきたことにより日常的に身体活動は低下してきていると考えます。その分、身体活動を自発的に行う必要性があります。逆にいえば、しっかりと自己管理さえできれば、身体活動、運動に割り当てる時間を作ることが出来る環境になっていると考えられます。

 厚生労働省は、国民に、「健康な生活習慣の重要性に対する関心と理解を深め、生涯にわたって、自らの健康状態を自覚するとともに、健康の増進に努めなければならない。」とし、自身の健康増進を国民の責務としています。しかし、前回ブログで掲載したように、健康に関する意識は高いが、実際に行動出来ている人は少ない状態にあります。これは、身体活動、運動に対する意識の問題なのでしょうか。

 よくある傾向として、「今日から運動を始めよう。」と心に決め、筋力トレーニングやウォーキングを行ったが、続かない。といった経験をした人は多いのではないでしょうか。私自身も運動を始めたはいいけど、続かないといった経験を何度も繰り返しています。運動習慣は頻度、時間、強度、期間の4要素から定義されていますが、国民栄養調査では運動習慣者を「週2回以上、130分以上、1年以上、運動をしている者」としています。運動が続かない人は、これらの要素のどこかに無理が生じていると考えています。その他にも、健康に対する意識の問題やなかなか効果が出ないことが原因ではないでしょうか。実際、運動を始めてから効果が現れるには、個人差もあるし、効果をそれほど感じない人もいると思います。こういった状況が、運動が習慣化しない原因のひとつだと思います。

 厚労省は児童・生徒、成人、高齢者に分けて、それぞれの身体活動に対する現状と目標を記載しています。しかし、実際に、これらの情報をどのように受け取るかは、その人個人の考え方によると思います。一般的には、運動をすることが健康増進につながることは知られています。それでも運動が習慣化できていないということは、それ以上に、運動を習慣化する動機が必要になります。その動機付けをどのようにすれば良いか。次回は運動を習慣化するにはどうすれば良いかについて触れてみたいと思います。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H14/H14HO103.html

http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/top.html

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 )| コメント( 0

2012.02.13

人の脳はどれくらいの記憶量があるの?

この前、部屋の掃除をしていたところ学生時代の算数の教科書が出てきました。中を見てみるとちょうど円周率の項目で、教科書の周りにはびっしりと円周率が書いてありました。当時、友達とどっちが多くの円周率の桁を覚えられるか競争したのを思い出しました。友達に勝ちたくて一生懸命だったせいか、今でも50桁近くまで覚えていて間違えずに言う事が出来ます。

話が大分それてしまいましたが、何年も前の事なのにしっかり記憶している事に驚き、その時に人の脳はどれくらい記憶する量があるのか気になりさっそく調べてみました。

 

調べてみると・・・

人の脳の記憶量は1.25TB(テラバイト)だそうです。

ちなみに1TB1024GBで、1GB(ギガバイト)は1024MB1MB(メガバイト)は1024KB1KB(キロバイト)は1024Bとなります。最近の音楽プレーヤーでもよく聞く『ギガバイト』の上の単位ですので、結構な量です。

 

脳の記憶量を他の身近な物に例えると、

『脳一つ』=『ハードディスク 約6台』=『DVD 約240枚』=『メモ用紙 約52,800万枚』になります。

つまり脳の容量をもってすれば、円周率10万桁も朝飯前?!

 

人間の記憶には「短期記憶」と「長期記憶」があり、「短期記憶」は数秒から数十秒しか記憶できません。ほぼ永久に覚えていられるのが「長期記憶」となります。つまり、脳は常に情報の記憶量の更新をして不必要な情報を捨てているため、際限なく情報を記憶できるのです。

人間の記憶力のすごさを証明する一例として、私も昔やりました円周率の暗記があります。日本人の原口氏が2004年に54000桁の円周率の暗記で世界記録を達成しました。その後、68000桁、83431桁と更新し続け、2007年についに10万桁を突破したそうです。この記録は今も破られていないのですが、原口氏が世界記録に挑戦したのは定年退職後だというのだから、人間の能力に限界はないといっても過言ではないでしょう。

そして、たったの50桁しか暗記してないのに、円周率の暗記をちょっとした自慢にしていた自分が恥ずかしいです・・・

 

脳が記憶出来る容量を知って、その容量を無駄なく使いこなせるくらい今の自分は何事にも一生懸命になれているか考えてみました。答えはまだまだだと思います。もっとたくさんの事を勉強しなければいけないですし、仕事もただこなすのではなくて様々な事を感じて、聞いて、見ることで記憶として頭に入れておく必要があると思います。得た経験や正しい情報は利用者様の為に還元していき、これからも頭をたくさん使って日々の生活を過ごしていきたいと思います。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 )| コメント( 0

2012.02.06

アスレティックトレーナーについて

 

1.はじめに

 今回は、アスレティックトレーナー(AT)について調べてみることにしました。僕は、アスレティックトレーナー養成校を卒業し現在、AT資格取得に向けて勉強の日々です。リハビリテーションクリエイターズ株式会社にも、2名のAT資格取得者がいらっしゃいます。

 まだまだ知名度の低いアスレティックトレーナーについて少しでも知ってもらえるように

ATについて少しだけですがご紹介していきます。

 

 

 

2.アスレティックトレーナーとは

 アスレティックトレーナーとは、()日本体育協会が定めた資格であり、

         1994年より発足され、201010月で約1500人が資格を取得しています。

 

では、そもそもアスレティックトレーナーとは何をする人なのか?

日本体育協会のホームページをのぞいてみると・・・

 

⇒『スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとに、競技者の健康管理、傷害予防

  スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング

  コンディショニング等にあたる。』このようになっています。

 

     簡単に言えば、スポーツ選手を陰ながらサポートしていく仕事なのです。

 

具体的な業務とは?

スポーツ外傷・障害の予防

スポーツの現場での救急処置

アスレティックリハビリテーション 三つに分けることが出来ます。

 

その中でも競技者の傷害後のアスレティックリハビリテーションは、日常生活へ復帰を目的としたメディカルリハビリテーションとは異なり、その目標は専門的な競技活動への復帰にあります。したがって、競技活動を行うためのハイレベルの身体機能を回復させることが必要とされます。アスレティックトレーナーは、可能な限り短時間でより効率よく機能回復と体力の維持ができるようなプログラムを処方する。その際、ドクターの医学的な指示に従い、必要に応じて理学療法士と協力体制を持つことが重要です。

 

 

 

 

3.諸外国におけるアスレティックトレーナーに相当する制度

アメリカ:NATAATC

理念⇒競技者および身体活動を行う人々に対する健康管理の質の向上、および外傷・傷害

   予防、評価、処置、リハビリテーションの領域において教育と研究を通してアスレティ

   ックトレーナーの職業的発展を図ること。

 

カナダ:CATACAT(C)

 カナダではアスレティックセラピストという名でフィールド業務とクリニック業務に分けられている。カナダのCAT(C)はカナダ国内においてクリニックを開業する権利を持っており、筋・骨格系傷害に対する専門職として臨床に重点を置き競技者(患者)の健康管理に直接従事することができる環境をもっている。

そのため理学療法士と連携して働くことも多いCAT(C)には、業務を遂行するためにこれら関係スタッフとの高いコミュニケーション能力が求められると同時に高い運動器機能の評価能力やリハビリテーションプログラムを提供する能力が求められる状況がある。

 

 

 

 

4.アスレティックトレーナーの役割を

               果たすために必要な知識と技術

 

①競技に関する知識

②スポーツ科学に関する知識

③スポーツ医学に関する知識

 

 アスレティックトレーナーになるためには幅広い知識が必要になります。今の知識ではAT試験に合格することは無理。もっともっと勉強して知識を深めていきたいと思います。

 ビーンズで働きだしてもうすぐ1年になります。こんなにも日々自分を高められる職場はないと思います。また身近なところに理学療法士の先輩方がいらっしゃいます。

この恵まれた環境を無駄にせず、AT資格取得に向けて頑張っていきたいと思います。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 )| コメント( 0

2011.11.25

介護サービス選択について

介護サービスを選択する際どのようにしていますか?要支援・要介護状態にある方でパソコンを利用できる方は少ないかもしれませんが、インターネットを利用できる方が身近にいる場合は、「介護サービス情報公表システム」を利用されるのもよいかと思います。事業所の従業員に関する事や事業所の取り組みについてもわかりますよ。

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 )| コメント( 0

2011.11.15

セイタカアワダチソウ

車で走っているとセイタカアワダチソウをいろいろな場所でみかけます。

根から他の植物の成長を妨げるアレロパシー物質を分泌して、群生していくそうです。

外来種であるセイタカアワダチソウの群生を防ぐためだったのか、

中学時、毎年1日かけて町内のセイタカアワダチソウを駆除する奉仕活動の日がありましたが、背丈以上の大きさがあり、根も強く、苦戦しました。

遠目で見ると鮮やかな黄色でキレイに見えますが、観賞する気持ちにならないのは、私の場合はその経験が原因だと思っています。

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 )| コメント( 0

2011.11.04

肺炎・・・。

先々週の一週間、38℃~39℃の高熱が続いていました。

咳や痰の喀出はなく、咽頭部などの痛みもない。食欲もなく、尿量や排尿の回数が非常に少なかった。その他、多量の発汗、全身倦怠感と動作時の息切れ、安静時呼吸の深くゆっくりとした呼吸状態。SpO2:94%~96%。HR:86bpm。

病院受診をせず一週間。徐々に発熱も治まった。翌週、別件で病院受診し手術をすることになった。その際念の為に今回の発熱した件を相談したところ、血液検査と胸部X-P撮影をした。結果、右下葉、横隔膜周辺の画像が不鮮明。白血球数の上昇やCRPもやや高かった。肺炎であったのだろうと診断を受け、抗生剤ジスロマックSRを処方された。

まさかとは思ったが肺炎だった。咳や痰の喀出が全くなかったので、思い込みもあり、肺炎を除外してしまっていた。呼吸器のリハビリをしていながら自分の状況を的確に判断出来なかった。肺炎は死に至る危険性の高い病気です。まだまだ勉強不足と強く反省。典型的な症状を示さない肺炎も多々あることを再認識し、臨床現場で生かせるよう考えさせられました。

 

また、今回初めて抗生剤ジスロマックSRを服用した。

これは1回のみ服用する抗生剤です。

ヤクルトのボトルを大きくしたような容器の中に粉状の抗生剤が入っています。

これに水を60ml入れて、容器を振って抗生剤を溶かしてシロップにして一気に飲み干します。

味は苦くて美味しくありません。しかし錠剤と違って飲み忘れる心配もなく、1回飲み干せばそれで済みます。薬や技術もどんどん進化していきますね。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 )| コメント( 0

2011.10.27

今日から...

今日から11月9日まで、「秋の読書週間」だそうです

先日、2時間近く書店内をウロウロしていました (*^。^*)

話題の本や、お勧めの本などは、入口近くに目立つように紹介されていていますよね・・・

せっかくの機会なので、普段手にしないようなジャンルの本に挑戦してみようかと思っています(*^^)v

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 )| コメント( 0

2011.10.20

宇宙旅行

 先日宇宙旅行の発着点となる港「スペースポート」が完成したというニュースを聞きました。来年にも2時間の宇宙ツアーが実施できるかもということです。もちろん参加費用は宝くじにでも当たったらという額ですが。

 子供の頃、図工の時間に未来の街を書くという課題で、海の中に大きな街ができて空を魚が泳いでいるという絵を描いた記憶があります。

 今なら、月に街を、空には地球を書こうかなと思ったりしました。

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( その他 )| コメント( 0

123456789

カテゴリ

投稿者

アーカイブ

最近の記事

Photo:ビーンズ訪問看護ステーションつくば/ビーンズ居宅介護支援センター外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ tel.029-850-3915

ビーンズ地域総合ケアセンター
デイサービス
ビーンズリハビリセンターつくば
ビーンズ訪問看護ステーションつくば
ビーンズ居宅介護支援センター

〒305-0043
茨城県つくば市大角豆2012-247

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作