ビーンズ訪問看護ステーションつくば/ビーンズ居宅介護支援センター
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 研究日誌BLOG

研究日誌BLOG

2014.01.27

『大事なことはゆっくり話す』

つい先日、沢山の利用者様の前で、日頃使用している運動器具についての効果などを、スライドを用いながら発表させて頂く機会がありました。発表は今回で2回目でしたので、少しは落ち着いてお話しできたかと思いますが大勢の方の前で話すのはやはり緊張するものです。

話すことに夢中になり、利用者様が納得して聞いて頂けているか、皆様の表情を確認する余裕がありませんでした。

 

利用者様の大事な10分間。

『為になった』『聞いて良かった』と思って頂けるような、今後の生活に役立つお話が出来たらと、反省を踏まえて強く思いました。

 

次回の発表の前に、最近読んだ本に覚えておきたいお話が載っていましたので一部ご紹介します。

 

『自律神経は伝染する』

 

そもそも、自律神経とは周囲に伝染するものです。何かの発表を前に緊張している人がそばにいると、つられて自分も緊張してしまう。そんな経験があるでしょう。あれこそまさに自律神経(の乱れ)が伝染しているのです。

つまり、話を聞いてもらうには、まず自分の副交感神経を高め、その落ち着いた状態を相手に移していく必要があります。

その際に、もっとも効果的なのが『ゆっくり話す』ということ。

まずはあなたが話すスピードを意識的に少し落としてみてください。

これだけでも『相手との関係』『相手の聞く姿勢』にかなりの違いが出てきます。本書で何度も述べているとおり、『ゆっくり話そう』と意識することがとても大事。その意識が生まれた瞬間から、自律神経は整いはじめるからです。この状態になってしまえば、あなたはすでに落ち着きを取り戻し、その状態は相手にも伝わっていきます。

 

このお話を読んで、私の緊張は利用者様に伝わり、聞く姿勢にさぞかしマイナス効果を生み出していたことだろうと思いました。

良い発表をする為には、もちろん話し方だけでなく、内容にもしっかりとした取り組みが必要ですが、『ゆっくり話す』こと、発表前に和やかな雰囲気作りで副交感神経を上げ、『相手の聞く姿勢』作りにも心掛けていきたいと思います。

 

 

参考文献 

「ゆっくり生きれば遠くまでいける」 順天堂大学医学部教授 小林 弘幸 著

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 最近の出来事 )| コメント( 0

2014.01.06

明けましておめでとうございます。

昨年は地域の皆様 を始め沢山の方々に当事業所を支えて頂き本当にありがとうございました。現在当事業所は約30名の社員で沢山の利用者様の生活をよりよくする為に日々サー ビスを提供させて頂いております。リハビリテーションを中心とした通所介護・訪問看護・居宅支援事業の3部門のサービスを提供させて頂いております。我々 のサービス対象の方々はご高齢の方が多く、まさに人生の大先輩ばかりです。現在の日本社会が平和であるのもこの方々のお陰であると思います。その方々に感 謝の気持ちを持ち、幸せに過ごしていただけるようにお手伝いさせて頂きたいと思います。

 

 今年も何卒宜しくお願い致します。  

 

  ビーンズ地域総合ケアセンター スタッフ一同

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 最近の出来事 )| コメント( 0

2013.11.11

偉人たちに学ぶ 自分を超える言葉

こんにちは。

僕は今、一ヶ月に本を2~3冊読むということを目標にしております。

特にビジネス書などが好きでよく読んで言います。以前、上司からのお話にもありましたが、本はそのことに興味を持ち、本屋さんを訪れ実際に手にとって購入する。

現代はタブレット端末などで本が閲覧できるようになってきていますが、やはり本の魅力には勝てないと感じています。あの重さ・質感・読んだ後の幸せな気持ちなどたくさんの魅力があると思います。

 

 今回は、現在読んでいる本を紹介したいと思います。

「偉人たちに学ぶ 自分を超える言葉   

著書/本田季伸 発行所/株式会社 かんき出版 」

この本は偉人達の心に残る言葉をまとめたものです。いくつか紹介します。

 

テーマ:不屈

確かに「ダメだ」と言われたとしても、それは最初の一歩にすぎない。

習得しなければならないのは、その「ダメだ」という言葉に打ち勝つことだ。

海洋探検家/ジェームズ・クック

 

失敗とは、再起動したり、新しいことを試したりするために与えられたチャンスだ。

私はそう信じている。

ケンタッキーフライドチキン創業者/カーネル・サンダース

 

テーマ:突破

「あなたは、どうやって重力の法則を発見したのでしょうか?」

年がら年中、そのことばかりを考えていただけです。

自然科学者/アイザック・ニュートン

 

わたしはいつも自分のできないことをしている。

そうすればできるようになるからだ。

画家・彫刻家/パブロ・ピカソ

 

 

 

テーマ:実行

「アイディアの良い人は世の中にたくさんいるが

         良いと思ったアイディアを実行する勇気のある人は少ない。」

ソニー共同創業者/盛田昭夫

テーマ:向上

すべての環境は、あなたの成長のために存在する。

作家・思想家/ウォレス・D・ワトルス

 

私達は何のために生きているのか? 何のために仕事をしているのか?

この言葉達を見ていると何かが見えてくるような気がします。

偉人達は常に向上心を持ち生きているのではないでしょうか。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 最近の出来事 , 研究項目 , 自己紹介 )| コメント( 0

2013.05.19

最近感じた事

先日、個別リハビリを担当させて頂いている際に、女性の利用者様より貴重なお話をして頂きました。とても感動したのでブログに掲載させて頂きたいと思います。

 

「私が怪我をし、手術後入院してから今に至る中で、マイナス面ではなく、プラスになることばかりだった。」とおっしゃいました。

 

なぜですかと問うと、

 

「怪我をして状態がマイナスになってしまい、最初は精神的にもやられてしまい何もかも嫌になってしまったの。でも、入院生活の中で様々な人に出会い、励まされ元気づけられたわ。お医者さんや看護師さんだけでなく、同じ病室の方にもずいぶん精神的に助けてもらった。みんな懸命に頑張っているな。自分もクヨクヨしていられないなって思った。そして、人ってこんなに優しいんだって恥ずかしながら80年以上生きてきて初めて実感したの。人から優しくされて私も人に優しくしようと決めました。この怪我をしていなければこんな気持ち一生味わえなかったし、私自身も周りの方に優しく出来なかったと思うの。だからこの怪我も、神様が人生後半にさしかかった私に対してのメッセージなのかもしれないわね。それと、人間は仲間だと思うの。目の前の人も近所の人も外国の人も全て繋がっていて、みんな仲間なのよね。そういった考えを世界のみんなが持ってくれれば、悲しい事件がもっと減ると思うのよね。」

 

 

 "マイナス面ではなくプラスになる事ばかりだった"

 

入院中の生活は人それぞれ感じることがたくさんあると思いますが、そのような言葉を聞いたのは正直初めてでした。

 

また、人生の大先輩の素直なお気持ちを聞いて、とても純粋で綺麗な心をお持ちの方だなと感じました。

 

入院というと気持ちが沈みやすいイメージがありますが、マイナスをプラスに捉えられる考え方がとても印象的で、私の心に残りました。

 

人の優しさを感じる瞬間はたくさんありますが、果たしてその優しさにしっかり恩返しできているのか、自分なりに考えてみました。

 

今の私は、人の優しさに甘えてしまっていて、まだまだだと思います。

 

今、こうして生きていられる。笑っていられるのはなぜか。誰のおかげなのかをしっかりと考え、人に優しく自分に厳しくをモットーにこれからも利用者様のために精進して参ります。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 最近の出来事 )| コメント( 0

2013.04.22

医療従事者として大切な感覚

今回大それた題名を書きましたが、臨床を行っている中での基本的な視点についてこの頃感じたことがありましたのでここでご紹介したいと思います。

それは何かと申しますと、以前から何度も取り上げているリスク管理についてです。

 

常日頃から

l  リスク管理が重要だ!

l  何があってもおかしくないから、注意深く

l  ご利用者の目の前には自分しかいない(訪問の場合)

という事を念頭におき業務を実施して参りました。

 

リスク管理の際に自分が想定していないことが起っていて、とても戸惑いショックを受けたことがありました。

 

事の始まりはあるご利用者の「痛い、痺れる」との訴えでした。

痛みと痺れと聞いて緊急性の高い脳血管障害の可能性をスクリーニングし、脳血管障害を疑うような症状なく、続いて腰部脊柱管狭窄症などの疾患の可能性のスクリーニングを実施しました。間歇性跛行は認められましたがその他特に腰部疾患を疑う様な症状が認められませんでした。

 

そこで、原因がはっきりと分からなかったので、ご利用者や担当のケアマネージャーに受診を勧めました。

結果として受診して頂いたのですが、受診までに10日程のタイムラグがありました。

その間に下腿の閉塞性動脈硬化症のため入院加療が必要となってしまいました。

 

症状が認められた当初に「閉塞性動脈硬化症」の可能性も考えられる旨を、また何故「痛い」「痺れる」のか分からなくとも「異常である」と伝えていれば「受診までの時間がもっと短かったのかも」と悔やまれる結果となりました。

 

今回の事例から考えられる問題点として、自分の知識の中に症状をはめ込んでしまっているのでは...。今回の事例でいうと「痛み」や「痺れ」を脳血管障害や腰部の問題などPTがよく対象としている疾患にはめ込む事を前提として考えていました。痛みや痺れが出るのは前記の疾患以外にもあります。そのことを考えずに自分の知識の中だけということです。

 

「痛い」「痺れる」ことは異常なことです。

何故「痛い」のか何故「痺れる」のかが分からなくとも、異常であることを異常と捉え伝える事の重要性を改めて感じました。

 

また、今回スクリーニングする際にテスト(所定の動作)を実施するのみで、訴えのある部位を露出させ直接視たり触れたりしていませんでした。

 

基本中の基本で「診て」「触れて」ということをしていれば、早い段階で循環不全に気づいた可能性も考えられます。

 

「専門的な知識」を前提にすることも重要ですが、それだけではなく、純粋に何故この症状が出ているのだろうと興味を持つことが基本になければならないなと感じました。

 

下手に自分は専門家と思ってしまうと何らかの「盲点」ができてしまう恐ろしさを今回のケースで学びました。

 

いつも初心の頃の「大丈夫かな?」「何故?」という心配や興味を忘れずに業務にあたって行きたいと思います。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( リハビリ , 最近の出来事 , 研究項目 )| コメント( 0

2012.12.05

ご存知ですか ラジオ体操の効果

近頃ラジオ体操が大人気になっているとか。正しく、きちんとやろうとすると、これがなかなか難しい。

「実はすごい! 大人のラジオ体操」の著者 中村格子氏はラジオ体操の素晴らしさを次のように述べている。

 「ラジオ体操は、人体に400ぐらいある筋肉をまんべんなく動かすことが出来る。特に優れている点は、左右、前後を均等に動かす構成になっていることである。つまり運動の基本的な動きが全て組み込まれた、効率のよい全身運動なのである。

 健康の代表のようなスポーツマンでも、一つの動作だけを繰り返し続けていると、だんだんバランスが崩れて体が歪んでくることがあるが、ラジオ体操はそのような歪みをリセットするのに効果の期待できる素晴らしいエクササイズである。

 ラジオ体操は、普段使われていない部分を伸ばしたり、使ったりすることで、血液が全身に行き渡り、滞りがちなリンパの流れも活性化される。それにより体のなかの老廃物の排出を促し、抹消まできれいな酸素を運びこむことで、むくみを解消し、肌がきれいになり、美容と健康につながる。

 ラジオ体操第一は310数秒で行うことが出来、有酸素運動と無酸素運動が同時に出来る。しかも時間当たりの消費カロリーは平地での自転車より多く、安全な動きで作られているのでケガをしない。しかし誰もがやったことのある運動でありながら、多くの人は正しいやり方を習っておらず(ラジオの声だけを頼りに覚えたため)、正確に出来ない場合が多いが、その効果は、動きのポイントを押さえ、正しく行って初めて十分な効果が得られる。

 ポイントを確認し、使う部分を意識しながら(骨格筋は全て脳からの指令で動いているので、意識するかどうかで運動効果は全く変わってくる)動き、テキパキと元気よく動く事で効果を高める事が出来る。

 ラジオ体操は天気や気候が悪くても、広い場所がなくても、いつでもどこでも出来る運動である。きちんと覚えておけば、いくつになってもどんな状況になっても、決して運動不足に陥らないですむ、そんな体操といえる。」

  

 良い事ずくめのラジオ体操。しかし主婦にとっての朝6時半は一番忙しい時間でもある...。でもこれだけの効果を知った以上、何とか挑戦したいと思っている。

 

 引用文献 中村格子著 秋山エリカ監修「実はすごい!大人のラジオ体操」講談社

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 健康全般 , 最近の出来事 )| コメント( 0

2011.11.23

手術しました。

先日手術しました。

病名は、アテローム(粉瘤)です。

アテロームとは、皮膚のなかに生じた角質(かくしつ)が充満した袋状のものです。痛みはありませんが、触ると異物感を感じます。

袋自体が角質をつくる細胞で出来ており、徐々に袋の内容物としての角質は増えていきます。

私は隆椎(第7頚椎棘突起)の上と、第3胸椎棘突起の上に2つもアテロームが出来てしました。

20年程かけて隆椎上にあるものが大きくなり、生活に支障を来たす様になりました。

意を決して形成外科に受診。翌週切除しましょうということになりました。

自分の感覚としては、一つは大きめのビー玉くらいの大きさ、もう一つ小さいものはパチンコ玉位の大きさだろうと感じていたのですが、いざ手術にて摘出してみるとかなり大きいものでびっくりしました。

摘出したアテロームの大きさは、なんとピンポン玉とウズラの卵位ありました。

この大きな玉2つを見て、腹臥位で1時間30分ほどの手術中、途中で麻酔が何度も効かなくなり、その度に麻酔を注射(キシロカイン)したのを納得しました。

これだけ大きなものが皮下にあったならば、手術で皮膚から深層部まで掘り下げていくうちに、麻酔が届いていなかったという事が理解できました。

おかげ様で手術は無事成功。形成外科ということもあり、縫合も細かく行って頂き、傷は目立ちにくいです。

身体のどこかにアテロームを持っている方は多いようです。自分のように大きく育つ前に摘出してもらったほうが傷も小さくて済みます。皆さんも早めに摘出してもらいましょう。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 最近の出来事 )| コメント( 0

2011.11.22

最近納得した事

 

「いちにち、いちにちは、長いのに、過ぎてみて思い出すと短く感じるのは、

嫌なことは忘れちゃって、良い事とか楽しかったことだけを思い出すから、

一年は短く感じるんだね。」って、小学3年の息子。妙に説得力がありました。

嫌なことを忘れちゃう事が特に重要だなと、つくづく思います。

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 最近の出来事 )| コメント( 0

2011.11.18

病院って・・・。

今現在、ケアマネージャーのお仕事をさせていただいているのですが、私が受け持っている利用者様でパーキンソン病を患っている方がいるのですが、先日熱発の為に入院してしまいました。熱の原因は傷口からの感染。傷の治療だけで済むのかと思っていたら、痰が多いからと食事を止められ、吸引の管で痰を取られ、嚥下機能も低下しついには肺炎を起こしてしまいました。もう経口から食事を摂る事は難しいと説明を受け胃ろうの話しが出ました。自宅でももちろん咽込みや痰はあったのですが、ご家族がゆっくり食事介助をしてくれることで、誤嚥することなく今まできていた状況です。 病棟では限られた医療従事者の中で出来る範囲でのケアーが施されます。でもこういったケースで、入院してから急に状態が悪化したという話を聞くと、入院するという事はある程度の覚悟が必要になってしまうのだろうか・・と考えさせられます。 勿論、こういったケースばかりではないのでしょうけれど・・・。熱が出ていれば確かに痰の量も増えるでしょうし、意識もボーっとしていれば嚥下にも問題は生じるかもしれません。 でも、他にも問題があるように思うのです。

病院の事情も分からずに自分勝手な解釈をしているのかもしれませんね。実際私も病院で長年勤務していました。 それでも、本人の身になって精一杯のケアをして頂けたら・・・と切実に願います。

 

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 最近の出来事 )| コメント( 0

2011.11.17

もうすぐ...

早いもので、11月も半ばを過ぎましたね

今年もちらほらと、クリスマスのディスプレイを目にするようになりました・・・

我が家の子供たちも、先日、枕元にサンタさん宛てのお手紙を置いて寝ていました・・・

お願いしたプレゼントが届くといいですね・・・(*^_^*)

P2011_1112_145935[1].JPG

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 最近の出来事 )| コメント( 0

1234567891011

カテゴリ

投稿者

アーカイブ

最近の記事

Photo:ビーンズ訪問看護ステーションつくば/ビーンズ居宅介護支援センター外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ tel.029-850-3915

ビーンズ地域総合ケアセンター
デイサービス
ビーンズリハビリセンターつくば
ビーンズ訪問看護ステーションつくば
ビーンズ居宅介護支援センター

〒305-0043
茨城県つくば市大角豆2012-247

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作