ビーンズ訪問看護ステーションつくば/ビーンズ居宅介護支援センター
  • ごあいさつ
  • 施設について
  • ご利用案内
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 研究日誌BLOG

研究日誌BLOG

2011.12.26

『口の中の汚れ』は怖い!?

今回は口の中が汚れていることで起こりやすくなってしまう

『誤嚥性肺炎』についてアップしようと思います。

 

そもそも...

口の中には様々な細菌が潜んでいます。

その数、約300種、歯垢1mgあたり1億個以上も細菌が生息していると

いわれています。

そんな中、食べかすが残っていると、そしてその食べかすを餌として、

さらに細菌が繁殖します。

 

これらの細菌が誤って気管から肺に入り(誤嚥)、肺で炎症を起したものが

『誤嚥性肺炎』です。

 

誤嚥性肺炎は食事中にも起きますが、睡眠中にも起きる厄介なものです。

 

食事中に誤って食べ物が気管に入った時には、むせることで気管から異物を

吐き出す機能が働きますが、一部の食べ物がそのまま肺に入り、肺炎を

引き起こします。

 

また、睡眠中には、気づかないうちに細菌が多く含まれた唾液を

誤嚥してしまうことがあります。

 

高齢者は咳をする力が弱く、気管に細菌が入っても押し出すことが出来ず、

誤嚥性肺炎を起こしてしまうのです。

感染に対して抵抗力が弱い人、嚥下機能が低下している人は注意が必要です。

 

こんなこと思い当たりませんか?

   食べ物を飲み込みにくくなった

   食べ物がよくのどに詰まる

   むせることが多い

   よく発熱し、肺炎や気管支炎を繰り返す

 

思い当たる方は注意が必要です!

 

口の汚れから、命を脅かす『誤嚥性肺炎』を起さないためにも、日ごろから口腔内は清潔に保ちましょう!!

投稿者( )| この記事のカテゴリ( 健康全般 )| コメント( 0

コメントする

コメントは承認が必要となります。
承認されるまでコメントは表示されません。しばらくお待ちください。

お名前

メールアドレス(表示されません)

URL

 この情報を登録しますか?

コメント

カテゴリ

投稿者

アーカイブ

最近の記事

Photo:ビーンズ訪問看護ステーションつくば/ビーンズ居宅介護支援センター外観

お問い合わせはお気軽にどうぞ tel.029-850-3915

ビーンズ地域総合ケアセンター
デイサービス
ビーンズリハビリセンターつくば
ビーンズ訪問看護ステーションつくば
ビーンズ居宅介護支援センター

〒305-0043
茨城県つくば市大角豆2012-247

  • スタッフからのメッセージ
  • スタッフの研究日誌BLOG 研究&研修報告
  • リハビリテーションクリエーターズ株式会社

ページの先頭へ


Copyright(c)Rehabilitation Creators Co.,Ltd. All right reserved

ホームページ制作